腰痛の原因は無理な体勢での運動にあります

私は、大量調理を行う調理師です。そのため、大きなカゴや重いものを持つ仕事を常に強いられます。そのため、腰痛に長年悩まされています。マッサージや整体など腰痛に効くと思われるものは総て体験してきたので、そこから導き出された私なりの腰痛の原因とその予防法について書きたいと思います。
まず、腰痛になる原因ですがこれは、無理な体勢からの重いものの上げ下ろしにあります。例えば、重いものを持つときに体全体を使って持ってますか?こんなところからと思われがちですが・・意外と手で持つっているケースや無理な体勢で持っているケースが多いのです。体全体の力を使って物を持ち上げる時は、物に正対して腰や体全体の筋肉を使って持ち上げようとするのが物を持ち上げるのに一番楽な持ち上げ方です。
また、どんなに近い場所への物の移動にも台車を使いましょう。この2つを行うだけで腰に対する負担がかなり減ります。
また、重い物を持つ作業の前には準備運動をしましょう。大体の人は、頭が働いているので身体も思うように動くと思いがちです。しかし、頭を動かす時に自然に準備運動をしています。例えば、朝などコーヒーを飲んだり・食事を採ったりなどするのが準備運動に当ります。ですが、多くの人が重いものを持つときに準備運動をしないで持とうとしません。このひと手間のために多くの人が腰痛になります。重いものを持つ前と後に準備運動と整理体操をしましょう。
ここまで、書いてきたことを気を付けるだけで、腰痛になるリスクが減ります。また、腰痛になっても酷くなることがなくなります。
ここまで、読んで来た人は腰痛の予防と対策について当たり前じゃないかと思われていると思います。しかし、考えてみて下さい。この当たり前のことをしっかりこなしている人がどれだけいるのでしょうか?このように書いている私も整体師にこのことを言われた時にそんなことと思ってしまいました。しかし、思い返してみるとこの当たり前のことをしないがために腰痛に悩まされていることが以外に多いのです。
皆さんも、この当たり前のことを出来るだけ行なって腰痛の予防と再発防止に気を付けるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です