腰を曲げる作業で腰痛になる

私は前かがみの作業や長時間座ったままでいると腰痛になってしまいます。
今も腰が少し痛いので、座り方を変えて、何とか腰痛を和らげようとしています。

座っている時に腰痛になるのは、姿勢にもあるようです。
きちんと背もたれに直角のなるように座ると、腰への負担が少なくなるので、比較的腰痛になりにくいようです。

しかし、私は腰からお尻にかけてまっすぐなため、上手く腰で上半身をささえることができません。
そのため、どうしても姿勢が悪くなり、腰への負担が大きくなってしまいます。

腰痛対策としてはデスクワークを立って行うことです。
立つことで座り作業の時の腰への負担がなくなります。

また、毎日ウォーキングをしていますが、腰回りに筋肉をつけることで、腰痛を改善したいと思っています。
ちょっとした日常生活の姿勢を変えていくことで、かなり腰への負担がなくなると思います。

もともと腰がそれほど強い方ではなかったのですが、仕事で前かがみになる作業が多かったことがあり、それ以来腰痛が持病になってしまいました。
整形外科や整体などにも通って治療をしていたこともありました。

それでもやはり腰を曲げる作業を行うと、すぐに腰痛になってしまいます。
体操やストレッチなどでなるべく腰を伸ばすようにしています。

本当に痛い時は仰向けになり、横になって腰痛が落ち着くのを待ちます。
また冷シップを貼るとかなり痛みがひくので、シップはいつも常備しています。

以前は腰痛帯などを使用していたこともありました。
しかし、腰が固定されてしまうので、ちょっとした作業がしにくくなってしまいました。

今も座って作業をしていましたが、腰痛がひどくなってきたので立ち作業に切り替えました。
さらに冷シップを貼ったら、随分と痛みが治まりました。

腰痛は姿勢が原因のこともありますが、体調の変化などでもなるようです。
時と場合によって様々な原因が考えられるので、腰痛が起きたらそのつど対処していくようにしています。

また、早めに対処することが、症状を長引かせないコツのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です