腰痛にならない眠り方と温泉とマットレスによる改善方法

一日24時間の内、誰でも3分1位は眠っています。眠っている時は誰でも夢を見るし寝返りもします。夜遅くまで深酒をして一気に朝まで寝た時は夢を見た記憶がありません。また寝返りもあまりしません。ぐったりとなって寝ています。この二つのことが腰痛は勿論のこと、寝違いや手足の痺れの原因になるのです。
夢を見ることと寝返りのメカニズムを説明します。夢を見る時は、身体は眠っているが脳は眠っていないいわゆるレム睡眠という状態です。
一日、働いてできた身体の歪みを修復するために眠っていない脳の命令で寝返りをするのです。だから深酒をすると、脳までが寝てしまい寝返りをしなのです。このような生活習慣が続くと、腰などが慢性疲労になります。朝、歯磨きの時、歯ブラシを取ろうと手を伸ばした途端、ギックリ腰に見舞われるようなことになります。お酒はほどほどにしてください。また寝具はあまりフカフカではなくて容易に寝がえりができる様なものが良いのです。

深酒をして前後不覚になり、応接間の椅子に寝込むようなパターンは腰痛防止には最悪のパターンです。

腰痛になると起き上がるだけで激痛がして本当に大変です。なのでそこまでひどくなる前に腰痛対策はしておく必要があります。

腹筋と背筋とのバランスが大切なので 偏りなくトレーニングする必要があります。毎日腹筋20背筋20スクワット20とかで、自分のペースで無理なく鍛えるのがポイントです。

あと、普段からの姿勢ってとっても大切です。腰に負担かかる歩き方してる人とかけっこう見かけます。正解は背筋をまっすぐして胸を張る歩き方が基本なのです。

当たり前だけど、あまりできてない人も多いかなと思います。そして食べる時の姿勢が前かがみになる人も多いです。

腰に負担かかり内臓にも負担かかるので基本は姿勢良く食べるのが良いんです。

それでも腰痛って油断してるとなる人も多いかと思います。とにかく回復させること筋肉や骨格関節の炎症をおさえることを主眼に置くことです。

自分がオススメするのは、そんな時はモットンを使って近所の安い温泉とかに行きしっかり身体を休めてやることです。温泉のパワーは折り紙つきだと思います。

ちなみにモットンを買うのであれば最安値でモットンを買えるサイトはこちらから確認ができます。

腰痛に効く温泉はこちらのサイトを参考にすると良いでしょう。

自分は中学生の頃から腰痛に悩まされています。当時では、腰痛が原因で学校を休んだこともありました。高校生の時には部活を休むことも多かったです。整骨院に通って少しはマシになりましたが、今でも痛むことがあります。
なぜ、痛くなったのかはレントゲンを撮ってわかりました。骨盤が左右非対称になっていたことが原因でした。その後左右の足の長さが少し違っていたこともわかりました。そのため、立っているだけでも腰が痛くなることもあります。そこからモットンのマットレスを購入するようになったのです。

最近では、腰痛がひどくならないように重たい荷物を持たないようにしたり、激しい運動をした後は必ずストレッチを行うようにしました。その効果もあってか、腰痛が起こる頻度が減り、痛みも少しずつマシになっています。少しでも腰の調子が良くないと感じた日は無理をすることなく過ごすようになったのも痛みが改善させた理由だと思います。
腰痛を少しでも改善するには、無理をしないこと、ストレッチなどの適度な運動をすること、腰に負担がかかる体勢をとらないことなのが大切だと思っています。

最近、朝起きぬけから腰痛があるのです。最近息子が一人立ちをしたので、私個人の部屋につくりかえて、息子が使っていたベッドをそのまま使っています。
これがスプリングコイルのベッドで、購入するときはこだわって硬めのものにしたのですが、息子は体格がいいためかなりへたったようなのです。ちょっと寝た感じが購入時よりもやわらかく感じるのです。
それでもまあいいかとそのマットレスで寝ること1週間。やはりずっと畳に硬めの敷き布団一枚で過ごしていたので、体がそれに慣れていかないようなのです。確かにあおむけになると考えていた以上に腰の周辺が沈んで、くのじになって寝ているようです。横に寝てもやはりくのじになります。だからこそ今モットンがいかに腰痛に効くのかが分かりました。

それに他のマットレスだと寝返りが打てなくて朝なんとなくけだるい感じですっきりと目覚めなくなっています。

結構な値段でしたし、息子が独立したら洋室の個室が持てるとわくわくしていましたが、どうもベッドだけは私の体に合わないようなのです。
もう少し慣れると大丈夫になるんだろうか?やはり処分してまた畳に戻った方が腰痛はなくなるんだろうか?
悩みます。やっぱり腰痛には温泉とモットンが一番良いです。

腰痛の原因は姿勢にあり?姿勢を治して腰の痛みとさようなら

最近、腰が痛いです。
特にきちんとした姿勢でじっと立っていると、一時間もするとミシミシ音がするほどに。
普通こんなに疲れるハズないって思うのですが、すごく痛くなってしまいます。
いつかぎっくり腰とかになってしまうのではないかととても心配です。
それにしても、腰痛の原因って何なのでしょうか?
私に関して言えば、多分姿勢が原因なのだと思います。
小さなころから猫背でした。
気を付けても、スポーツをしても正しい姿勢を保てなくて今に至ります。
病院や整体に行くほどでもないかなと放置しているので一向に良くなりません。
それでもかなり痛いものだからネットで検索などしてみたのですが、多分骨盤の傾斜もおかしいのではないかと睨んでいます。
内股気味なのですが、歯医者さんで骨盤の傾斜と関係しているような指導も受けましたし。
とにかく気を付けたり直したりしなくてはいけない点ばかりで途方に暮れてしまいます。
でも、このまま一生腰痛なのも嫌なのでそろそろ本気でどうにかしなくては、と思っています。

仕事で重たいものを持つことが多く、寒い季節には、特にぎっくり腰をやってしまいます。
ぎっくり腰になると、起き上がるのが大変で、毎朝、激痛に悩まされます。
車に乗るのも歩行するのもやっとのことで、コルセットが手放せません。
ある時、コルセットをしたまま寝ると朝の調子がいいことに気づき、24時間、コルセットをつけっぱなしにすることがあったのですが、血流が悪くなるので、お勧めできないと言われました。
そこで、いつも腰痛になってから、対処をしていたので、なんとか腰痛にならないようにするためにはどうしたらよいか調べました。
それが、腰痛ストレッチです。腰を支える筋肉を鍛えたり、柔らかくすることで、腰痛が防げるということを知りました。
しかし、ずぼらな性格なので、急に激しい筋トレは、続かないだろうと思い、3分くらいの簡単なストレッチを1日2回~3回やってみることにしました。
すると、完治とはいきませんが、少しずつ腰痛が起きる頻度が減ったような気がします。ついでに、ストレッチをすることで、肩こりも解消しています。
少しでも効果があるなら、続けてみようかなと思っています。

ただの腰痛で放っておかない! 6か月以上の痛みは要検査

長い間椅子に座っていたり、朝ベッドから起き上がる時に感じる腰の痛み。鈍い痛みが腰の周り全体をじんわり襲ってくる感覚に
思わず顔が歪んでしまいそうです。

社内でも腰痛を抱えている人は多いですが、「ただの腰痛だから」と特別に治療をしている人はいなく、私も1年以上放っておいて
しまいました。

「職業病だから」と笑い飛ばしてはいるものの、重たいものを運んだり、急に立ち上がった時に感じる稲妻級の痛み。
私は耐えられなくなり悩んでいました。そして、その痛みが原因で徐々に仕事に支障出るようになってしまったのです。

仕事に集中ができない、イライラするといったマイナス要素が上司の目に止まってしまい、病院で検査することに
したのです。

病院での検査で特に異常はなかったものの運動不足を指摘され、毎日軽いストレッチを行うようにしました。
その時に先生がおっしゃっていたのが「腰痛が6か月以上続くなら病院で検査を受けるべき」ということでした。

それは、椎間板ヘルニアや神経症、脊髄炎などの怖い病気である可能性があるからなのだそうです。
これらの症状の場合はきちっとした治療が必要になってくるので、放っておかないように病院に行って相談するようにし
た方が賢明です。原因がわかれば心の状態も穏やかになってきます。

動くことが億劫で怖くなっている時にはやっぱり腰痛を治すしかない

同じ体勢で座っているのが辛く、許されるのならずっと横になっていたいくらいです。とにかく腰が重く感じられます。石の重りを身に纏っているかの様です。何十分かに一度、大きく伸びをしながら仰向けになってみると気持ちがいいです。腰を「ゴリッ」と鳴らすと一瞬楽になるのですが、それはきっと腰痛に良くないのでしょうね。でも止められません。
 今日は朝食を食べて、皿洗いをして乾燥機をかけました。今の私には精一杯の家事です。午前中は腰痛もあまり感じることなく過ごせるのですが、昼頃から、徐々に腰が重たくなってきます。姿勢も悪く、恐ろしいほどの猫背です。最近目に見えて太ってきました。体重計に乗ることさえ避けています。現実逃避ですよね。インターネットサーフィンをしていたら「ドローインダイエット」という方法を見つけました。息を吸ってお腹を30秒程凹ませるとインナーマッスルが鍛えられて痩せられるというものでした。期待できる効果として、姿勢が良くなる、腰痛改善等が挙げられていました。この方法の良いところは、座っても、仰向けに寝た状態でもできるという点です。今日から実践していくつもりです。腰痛が少しでも楽になることを期待します。

本当は怖い腰痛のこと。腰痛を侮ってはいけない

腰痛に悩む方は多いのではないのでしょうか。そうした方はズキッとした腰の痛みに苦しまれていることでしょう。

腰痛の原因は様々です。激しい運動や、姿勢が悪いことで腰痛になることがあります。
腰痛対策としては、とにかく腰に負荷をかけないことです。激しい運動は控えたり、姿勢をただしたりしましょう。特に姿勢は、腰痛以外にも肩凝りなどを引き起こしますので、姿勢をただすことに損はありません。

さて、腰痛というとたいしたことないように思っている方もいるかもしれません。しかし、内蔵の病気によって腰痛が引き起こされていることもあります。
この場合は、すぐに病院で治療した方が良いでしょう。たかが腰痛と侮っていると恐ろしいことが待っているかもしれません。

腰痛がひどいと感じた場合や長期間腰痛が続いている場合は迷いなく病院へ行きましょう。
腰痛は身体の変化を伝えてくれる信号です。身体の信号を見落とさないようにしましょう。
それがあなたの身体を守ることにつながるはずです。

腰痛の治療って何が一番効くのかな?

大前提に腰痛は運動不足からくる腰周りの筋力低下により下半身が上半身を支えられないために起こる現象です。
なのでなるべく腰の運動をすることで腰痛の痛みを和らげることが出来ます。
ただし数日は筋肉痛に悩まされます。

まず毎朝背筋か腹筋のどちらかをこなしウォーキングかジョギングを行い。夜には風呂に入りながら腰を揉んだり押したりと腰まわりの筋肉を解し背筋か腹筋の朝やらなかったほうを同じくらいこなすことを意識していきます。
毎朝起きた後に自分よりも高い場所に手を付き背筋を伸ばして体を上に伸ばします。
生活の中で猫背にならぬよう気をつけながら背筋を伸ばして生活していきます。
これらのことを意識しても直らない場合は接骨院で強引に背骨を伸ばしてもらいます。

これらを繰り返し行っていくことで痛みを消していくことが可能です。
あまりにも痛みが酷い場合は痛み止めや湿布などで一時的に痛みを消して行いましょう。
ただし腰痛は炎症の一種なので気をつけないとぎっくり腰になってしまいかねません。少ない回数から無理せずに行うことを意識していきましょう。

腰痛の原因は無理な体勢での運動にあります

私は、大量調理を行う調理師です。そのため、大きなカゴや重いものを持つ仕事を常に強いられます。そのため、腰痛に長年悩まされています。マッサージや整体など腰痛に効くと思われるものは総て体験してきたので、そこから導き出された私なりの腰痛の原因とその予防法について書きたいと思います。
まず、腰痛になる原因ですがこれは、無理な体勢からの重いものの上げ下ろしにあります。例えば、重いものを持つときに体全体を使って持ってますか?こんなところからと思われがちですが・・意外と手で持つっているケースや無理な体勢で持っているケースが多いのです。体全体の力を使って物を持ち上げる時は、物に正対して腰や体全体の筋肉を使って持ち上げようとするのが物を持ち上げるのに一番楽な持ち上げ方です。
また、どんなに近い場所への物の移動にも台車を使いましょう。この2つを行うだけで腰に対する負担がかなり減ります。
また、重い物を持つ作業の前には準備運動をしましょう。大体の人は、頭が働いているので身体も思うように動くと思いがちです。しかし、頭を動かす時に自然に準備運動をしています。例えば、朝などコーヒーを飲んだり・食事を採ったりなどするのが準備運動に当ります。ですが、多くの人が重いものを持つときに準備運動をしないで持とうとしません。このひと手間のために多くの人が腰痛になります。重いものを持つ前と後に準備運動と整理体操をしましょう。
ここまで、書いてきたことを気を付けるだけで、腰痛になるリスクが減ります。また、腰痛になっても酷くなることがなくなります。
ここまで、読んで来た人は腰痛の予防と対策について当たり前じゃないかと思われていると思います。しかし、考えてみて下さい。この当たり前のことをしっかりこなしている人がどれだけいるのでしょうか?このように書いている私も整体師にこのことを言われた時にそんなことと思ってしまいました。しかし、思い返してみるとこの当たり前のことをしないがために腰痛に悩まされていることが以外に多いのです。
皆さんも、この当たり前のことを出来るだけ行なって腰痛の予防と再発防止に気を付けるべきです。

腰を曲げる作業で腰痛になる

私は前かがみの作業や長時間座ったままでいると腰痛になってしまいます。
今も腰が少し痛いので、座り方を変えて、何とか腰痛を和らげようとしています。

座っている時に腰痛になるのは、姿勢にもあるようです。
きちんと背もたれに直角のなるように座ると、腰への負担が少なくなるので、比較的腰痛になりにくいようです。

しかし、私は腰からお尻にかけてまっすぐなため、上手く腰で上半身をささえることができません。
そのため、どうしても姿勢が悪くなり、腰への負担が大きくなってしまいます。

腰痛対策としてはデスクワークを立って行うことです。
立つことで座り作業の時の腰への負担がなくなります。

また、毎日ウォーキングをしていますが、腰回りに筋肉をつけることで、腰痛を改善したいと思っています。
ちょっとした日常生活の姿勢を変えていくことで、かなり腰への負担がなくなると思います。

もともと腰がそれほど強い方ではなかったのですが、仕事で前かがみになる作業が多かったことがあり、それ以来腰痛が持病になってしまいました。
整形外科や整体などにも通って治療をしていたこともありました。

それでもやはり腰を曲げる作業を行うと、すぐに腰痛になってしまいます。
体操やストレッチなどでなるべく腰を伸ばすようにしています。

本当に痛い時は仰向けになり、横になって腰痛が落ち着くのを待ちます。
また冷シップを貼るとかなり痛みがひくので、シップはいつも常備しています。

以前は腰痛帯などを使用していたこともありました。
しかし、腰が固定されてしまうので、ちょっとした作業がしにくくなってしまいました。

今も座って作業をしていましたが、腰痛がひどくなってきたので立ち作業に切り替えました。
さらに冷シップを貼ったら、随分と痛みが治まりました。

腰痛は姿勢が原因のこともありますが、体調の変化などでもなるようです。
時と場合によって様々な原因が考えられるので、腰痛が起きたらそのつど対処していくようにしています。

また、早めに対処することが、症状を長引かせないコツのようです。

腰痛には薬よりマッケンジー体操

私が大学を卒業してから最初に就職したのは、大手のスーパーマーケットのチェーン店でした。

スーパーマーケットの仕事というのは、10Kgのお米やケースに入ったビールなど、かなり重いものを運んだり、積み重ねたりするという、肉体的にかなりハードなものです。

また1日のほとんどを立ってすごさなければならず、まともに座っていられるのは、食事中くらいだったと思います。

こういった環境で働く必要があるため、スーパーマーケットの店員は、腰痛で悩んでいる方が多いのです。

ただ私はその当時、まだ若かったので、アリナミンなどのビタミン剤を飲んでゆっくり休めば、なんとかなっていたので、あまり腰痛で悩むことはありませんでした。

そんな私が腰痛で悩むようになったのは、30歳代の前半に、事務職の仕事に転職してからになります。

肉体的にハードなスーパーマーケットの販売職から、1日中座りっぱなしの事務職に転職したので、もう腰痛に悩むことはないだろうと思っていたのですが、逆に腰痛が悪化したのです。

しかも腰痛に加えて、肩こりと眼精疲労も感じるようになり、ビタミン剤と目薬が手放せないようになりました。

また痛みがひどい時には、トクホンなどのシップ薬を貼ったり、ゲル状のバンテリンを塗ったりしておりました。

ただ薬で痛みを抑えても、一時しのぎにすぎないという思いがあったので、もっと根本的に治るものを探してみたくなったのです。

それからはインターネットで検索したり、腰痛に関する本を読んだりしましたが、その時にダチョウ倶楽部の肥後克広さんが、マッケンジー体操というものを行い、腰痛を治したという情報を入手しました。

このマッケンジー体操というのは、伏せた状態から上半身だけを起こすという、非常にシンプルな体操です。

こんな簡単な体操で効果があるのかと半信半疑でしたが、体操を始めた初日から、腰痛が少しだけ和らぎました。

確かに効果があると思ったので、毎日の習慣として行うようになり、もう数年が経過しましたが、完全に治ったとはいえないまでも、ほとんど痛みは感じなくなったのです。

すぐに効果を実感でき、薬よりも効果があると思ったので、マッケンジー体操を多くの方に、おすすめしたい思います。